タウンニュースに載せる記事(8月12日)

Release: 2021/08/04 Update: 2021/08/04

◎社長が幼少期に耳が不自由になったお話を伺いました。その後、大変な思いをされて成長されたかと思いますが、現在の会社を興したきっかけを教えてください。また、それまではどのようなことをされていましたか?

3歳の時、肺炎にかかり、ストマイの注射を打ったことが原因で耳が聞こえなくなりました。
小学校、中学校は普通の学校、高校は聾学校に通いました。
聾学校に入ってからも手話が出来なかったので友達がなかなか出来ませんでした。
以前の仕事は建築関係の仕事でした。
聴者とろう者のコミュニケーションがうまくいかずに簡単な仕事しかまかせてもらえなかった。それがとても悔しかった。もっと責任のある仕事をし、スキルアップも目指したかった。そこで同じ苦しい経験と聞こえない仲間と一緒に働きたいと思い、この会社を立ち上げました。

◎会社で働かれている人は皆さんろう者とことですが、ご苦労も多いかと思います。どのような苦労があり、それをどうクリアされていますか?

大切していることは二つあり、一つ目はほうれんそう。必ず報告連絡相談し、仕事をすること。
二つ目はスタッフが一人立ち出来る様にスキルを身につけるよう指導しています。

◎ろう者の皆さんだからこそのメリット、もしくはお客様から喜ばれていることはどのようなことですか?

ろう者の仲間たちと一緒に働ける喜びが一番大きいです。
このアピールして、お客様からもたくさん応援してもらい、料理教室、手話教室、様々な手作り教室を開いて喜んでもらって、こちらも嬉しいです。

◎ハウスクリーニング以外にも様々な取組をされています。そのうちのどれかをピックアップして紹介してくさい。また、どのような思いがありますか?

着物をリメイクしたり、オーダーメイドの洋服やマスク、バッグ、ハンドメイドの仕事も行っています。
女性スタッフの技術は素晴らしいです。

◎会社としての今後、社長としてどうしていきたいですか?

社長としてスタッフ一人一人が仕事を楽しみながらろう者が仕事のしやすい会社と社会をつくりたいです。仕事のやりがいをここで見つけて欲しいと思っています。

◎最後に、読者に向けてPRをお願いします。

聞こえない人は聞こえるよりも見る力というものが優れています。見落としがちな汚れもはっきりと目立ってみえ、すぐわかります。
目の力を生かした「きれいになるクリーニング」「細かい作業もきっちりと仕上げているハンドメイド作品」
是非、お試しください。

HOME


関連コンテンツ


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。